お金の話

【家計改善:まとめ】たった数時間で老後資金を700万円得た話:家計改善の具体事例と効果を公開

家計改善編の目次も兼ねて、改善効果をまとめます。

今回は以下の条件に絞ってやってみました。

  1. 現在の生活を変えないこと
  2. 労力をほとんどかけず、費用対効果のある改善施策のみ実施すること

その結果は以下のとおりです。

項目改善施策年額改善金額
光熱費電気料金を東京ガスに移行¥5,100-
通信費MVNO解約、docomoギガホ+通話プランなしに変更¥36,000-
医療保険保障が重複している医療保険解約¥150,000-
生命保険家計保障保険の支給額を3/4に、保証期間を2年に短縮¥37,000-
変動費支払いをdカードに一点集中¥7,500-
変動費dカード GOLD特典¥14,600-
変動費日常の買い物についてポイント還元率を最大化¥9,600-
 合計¥259,800-

マジか!。1年で26万円近く改善されたぞ。

というか、逆にいうと、改善せずに生活していたら毎年26万円も無駄なお金が発生していたということになります。

やっぱり保険に入りすぎていたところがでかい・・・。惰性で、何となくみんな入っているからはダメですね。ちゃんと内容を理解して、本当に入らなければならないのかを考えなければいけないということですね。

今回のもう一つのビックリポイントは以下の前提で進めたことです。

  1. 現在の生活を変えないこと
  2. 労力をほとんどかけず、費用対効果のある改善施策のみ実施すること

今回、何かを切り詰めるとか、何かを我慢するとか、そのようなことはしていません。支払いの向き先を変更したり、無駄だった部分をなくしただけです

また、手続きのほとんどはネットで完結したので、かかった時間は全部で3時間くらいです。費用対効果がやばすぎ。

仮にこの金額を投資に当てたらどうなったんだろう・・・。毎月260,000円 / 12ヶ月 = 21,667円を積立投資(年利3%)して20年運用した場合を楽天証券の積立かんたんシミュレーションで計算してみると、

おーーーっ、700万を超えるのか!

元々この家計改善の目的は投資のためのお金捻出だったので、十分満たしています。

しかも、これで終わりではなくて、割と緩い前提条件を少し絞ったり、楽天経済圏に移行するなどもっと良いやり方を適用するなど、楽しみはまだ残っています。

とはいえ、家計改善の記事は一旦終了し、今後はその過程で気づいたことをいくつか記事にします。

ABOUT ME
アバター
マックス
40代に入り、急速におっさん化している日々の成長?を記録しています。主にお金、サウナ、自己投資について、経験や気づいたことがお役に立てれば幸いです。 アメブロ別館(こちらは雑記メインです)