お金の話

【家計改善:変動費を減らす編】ポイント一点集中をしよう:還元率の目安は1%以上(dカードの例)

下記の前提で家計を改善してみようとしています。

  1. 現在の生活を変えないこと
  2. 労力をほとんどかけず、費用対効果のある改善施策のみ実施すること

今回は変動費です。変動費とは何でしょうか?

以前の記事で以下のように分類しました。

  • 【固定費】家賃、生命保険、医療保険、水道代、ガス代、電気代、通信費、教育費
  • 変動費】食費、日用品、自動車、電車、その他(電子決済可能)、その他(電子決済不可能)

つまり、毎月いくらと決まっていないものです。なので、これまでの【固定費編】と異なり、○○やったから、毎月△△円削減できるとは言えないものです。

今回はこの変動費にかかるお金を可能な限りポイントを使用することで家計改善を図ります!

これまでの人生において、時々クレジットカードを作って支払いをそのカードから引き落とすということを繰り返していたので、まぁ、ポイントが分散する。加えて、ポイント還元率はせいぜい0.5%のものばかり、ひどいものには「これってポイント還元されている」と思っていたものが実は還元されていなかった事実がわかったりしました。

そこで、今回チョイスしたのは、dカード GOLD一点集中!

【家計改善:固定費編】通信費を見直そう にも書いたように、現状はdocomoのスマホを契約している上に家のインターネットはドコモ光ということで、この段階でdカード GOLDの年会費の元が取れます。

しかも、dカード利用のポイント還元率は1%なので、一点集中すれば1%還元の恩恵をフルに受けられる。しかも、最近はdポイントのキャンペーンが太っ腹なので、そのワクワク感もあります。

とにかく手当たり次第、支払いの向き先をdカード GOLDにするネット申し込みをしまくりました。その結果が以下の通り。

支出項目1ヶ月あたりの平均支出獲得dポイント
保険¥10,000-¥100-
水道代・ガス代¥8,700-¥87-
電気代¥7,800-¥78-
通信費¥11,500-¥200-
車関係(高速代、保険など)¥15,000-¥150-
その他固定費¥2,000-¥20-
合計¥40,000-¥635-
固定費に対する毎月の獲得dポイント
(還元率は1%を前提。通信費のみdカード GOLD特典により10%還元後に年間費分をざっくり相殺)

支払いの向き先を変えるだけで、月に635円。年間で7,500円以上のポイント収入を得ることができました!

dカードが届けば、dカード片手に次々と変更の申請をしていくと1時間くらいで終わります。

それでも、短時間でできるとはいえ、向き先変更というそれなりに大きな変更でたった635円か・・・、と思うかもしれませんが、これは序の口。

上の表はあくまで固定費分のdポイント還元だけで、変動費は含まれていません。また、dカードの特典はまだまだ存在します

ここからですよ、本番は!

ABOUT ME
アバター
マックス
40代に入り、急速におっさん化している日々の成長?を記録しています。主にお金、サウナ、自己投資について、経験や気づいたことがお役に立てれば幸いです。 アメブロ別館(こちらは雑記メインです)