サウナのすすめ:初心者サウナーの入り方

マックス

アラフォーになってサウナにハマってしまいました

これまで、趣味というか休日の過ごし方として、何かこれというものがなく、ある時はゲームセンターのメダルゲームに1日中いたり、ある時はドラクエ9を一日中やっていたりしていました。

今の自分の時間はサウナ中心になり、ストレス発散や新しいことを思いついたりする場として大活躍しています。

こんな人に読んでほしい
  • 休日だらだら過ごして気づいたら終わってしまう人
  • これといったストレス発散方法がない人
  • 最近サウナブームだけど、何が良いか分からない人

サウナにハマったきっかけ

きっかけは藤森師匠のこの動画。(もう師匠と呼ばせてください!)

今までサウナに入ったことはあったのですが、完全に間違えていました。

サウナに入って、暑い暑い思って、それで終わり。

水風呂だったのね。大事なのは。

この動画を観て、とあるスーパー銭湯に行って実践してきましたよ。

まずは、サウナで暑い暑い・・・。

その後の水風呂は流石に勇気が必要でしたね。

しかし、水風呂から出ると「どしーーーーーーん」とした重い快感が。

マックス

これかぁーーー、本当のサウナというものは!!!

ベンチでその快感を味わっている間が本当に至高のひととき・・・。

ということで、すっかりサウナの虜となった自分。

これを機にあちこちのサウナのあるスーパー銭湯に出没するようになりました。

サウナのメリット(マックス個人の感想)

  • ストレス解消になる
  • 半端ない多幸感につつまれる
  • 自律神経がととのって、風邪をひかなくなる
  • 身体が清潔になる
  • 普段は思いつかないことを思いついたり思い出したりする

サウナの入り方、楽しみ方(初心者向け)

まだサウナビギナーの自分が書くのは恐縮ですが、初心者向けの入り方を記載します。

まずは身体をキレイにしましょう

まずは、掛け湯をして、身体を洗うところからスタート。

特に自分の場合は、初めてのサウナであれば、せっかくなのでサウナの前に売りとなっているお風呂に入って、楽しみます。

サウナ、水風呂、水分補給の場所を確認しましょう

いよいよサウナですが、その前に、

  • サウナの場所
  • 水風呂の場所
  • 水分補給の場所

を確認しましょう。サウナに入って、出てから水風呂を探したりする時間がもったいないですからね。

水分補給は給水ポイント(ウォーターサーバー)があるサウナも多いですが、まれに無いところもあります。その場合は自動販売機などで飲み物を買って、物を置く棚(さすがにこれはどこでもある)に置きましょう。

サウナ→水風呂→休憩のサイクルを回しましょう(水分補給は忘れずに)

いよいよサウナです。

自分のサウナの入るサイクルは以下の通りです。まだまだビギナーということが分かります。

サウナのサイクル
  1. サウナ:5分〜10分(体調や現在何セット目か、サウナのコンディションによって異なる)
  2. 水風呂:1分〜2分
  3. 休憩:5分〜8分
マックス

途中で水分補給はこまめにしましょう!

上記を3セット(できれば5セット)やってととのう!

結構時間に幅があります。こればかりは状況によって様々です。自分の入り方だと1セット目は既にお風呂に入って温まっているので、サウナは5分よりも短いことが多いです。徐々に慣れてきて時間を伸ばしていく感じです。

また、サウナは一般的に雛壇みたいになっていますが、上段に行くほど熱いです。そこでサウナの強度を調節することが可能です。

水分補給はマジ大事です。自分はまだサウナがよく分かっていなかった時に長時間水分補給なしでサウナに入って、脱水症状になったことがあります

マナーと注意事項

あちこちサウナ行っていますが、基本的に壁に貼ってある注意事項を守れば特に問題ないと思います。

よく貼ってある注意事項は下記です。

一般的なサウナの禁止事項
  1. 水風呂に入る時は汗を流しましょう
  2. 水風呂で髪の毛をつけるのはやめましょう(洗面器があるはずなので、それを使って水風呂の外で頭から水をかぶるのはOK)
  3. サウナの中で大きな声で会話するのはやめましょう
  4. サウナの中で寝ることは場所によってはNGです(OKのところも多いですが、自分が寝ても落ち着きませんでした)

本ブログ内の【サウナ探訪】の記事について

実は、まだ本ブログ内にサウナ探訪の記事はないです。

アメブロで3本ほど書いたのですが、コロナの影響によってサウナに行くことができなかったため、新規の記事の公開を止めていました。

今後は追加していきます。